SCORE CARDBACK NUMBER

休養効果を存分に発揮。室伏広治の再始動。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2006/06/22 00:00

 陸上男子ハンマー投げの室伏広治(ミズノ)が、昨年6月の日本選手権以来、約1年ぶりに復活した。

 5月29日にチェコで行われたゴールデン・スパイク大会を79m82で制し、続く6月5日のプラハ国際も79m57で優勝した。84m86の自己ベスト(日本記録)と比べると記録的には物足りないが、'00年シドニー五輪金メダルのジオルコフスキ(ポーランド)や'04年アテネ五輪2位で世界王者のチホン(ベラルーシ)、'05年世界選手権2位のデビャトフスキー(ベラルーシ)ら強豪が揃った中での優勝は、室伏の存在感を示すのには十分だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 651文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、魂の逆襲を。

Sports Graphic Number 2006/6/23臨時増刊

日本代表、魂の逆襲を。

 

室伏広治

陸上の前後の記事

ページトップ