SCORE CARDBACK NUMBER

トニー・グウィンJr.が
追う偉大なる父の背中。
~伝説を受け継ぐ二世打者~ 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2009/07/08 06:00

トニー・グウィンJr.が追う偉大なる父の背中。~伝説を受け継ぐ二世打者~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

父は通算3141安打で首位打者8回。息子は昨季までの3年間で通算60安打を記録している

 偉大な父親の背中を追うことになったとき、息子はどう立ち振る舞うのか。そんなことが気になって、26歳の青年に話を聞いてみたくなった。

 親子メジャーリーガーは数あれど、トニー・グウィン・ジュニアほどのサラブレッドはそう居ないだろう。殿堂入りした父を持つ選手は10人。通算2000安打以上の打者を父に持つ選手はたった3人。そのいずれにも彼が属しているからだ。そして父親が20年間の現役生活を一貫して過ごしたパドレスに、5月21日、トレードされてきた。

「僕はこのクラブハウスで育ったようなもの。絶好の遊び場だった。しかもサンディエゴで生まれ育ったから、ここは本当に快適な“ホーム”なんだよ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 623文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[サッカー日本代表特集]変革なくして4強なし。

関連記事

トニー・グウィン・ジュニア
サンディエゴ・パドレス

MLBの前後の記事

ページトップ