SCORE CARDBACK NUMBER

「本場」のリザーブマッチを見ながら考えたこと。 

text by

永井洋一

永井洋一Yoichi Nagai

PROFILE

posted2004/12/02 00:00

 秋のイングランドでチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルの試合を観戦し、それぞれのホームスタジアム近辺も取材した。3チームとも100年の伝統の中で地域に根づきつつ、近代的なスポーツビジネスのシステムの中でも成功を収めている。その姿は、クラブ経営の目指すべき一つのモデルかもしれない。

 ミッドウィークには、そうしたビッグビジネスの成功とは別の視点から、チームづくりの環境を考えさせられた。ロンドン郊外でトッテナム・ホットスパー

vs.ポーツマスのリザーブマッチを観戦したのだが、会場はセミプロ中心の全国リーグ(日本で言えばJFLか)に所属するスティーブニッジというクラブのスタジアム。満員でも4000人という、こぢんまりした会場につめかけたのは、ウィークデイのナイトゲームということもあってか200〜300人程度。それでも有料チケットが販売され、警備の人員が配備され、売店ではハンバーグやチップスが売られて、「正式なゲーム」という体裁が整えられている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

Jリーグの前後のコラム

ページトップ