Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<本格派誕生秘話> 澤村拓一 「不器用さが生んだ剛速球」 

text by

高川武将

高川武将Takeyuki Takagawa

PROFILE

photograph byYusuke Nishimura

posted2011/04/15 06:00

<本格派誕生秘話> 澤村拓一 「不器用さが生んだ剛速球」<Number Web> photograph by Yusuke Nishimura

ウェイトトレーニングがより過剰になっていく……。

「ブルペンで隣で投げていると、最初はカーブやスライダーを投げるんですけど、2、3球投げたら、あとは真っ直ぐばかり。変化球も投げればもっと楽に抑えられるのに、なぜやらないんだろうと、不思議でしたね」

 同級生で主戦投手の一人だった山崎雄飛(東京ガス)は、いまだに首をかしげるのだ。

 3年春は3勝3敗、秋は4勝4敗。打線が弱かったこともあるが、その頃までの澤村は単なる「投げ屋」だった。入学時から続けてきたウェイトトレーニングが、より過剰になってきたのもこの頃からだ。週3回、約2時間。チーム全体のトレーニングを終え、仲間に食事に誘われても「俺はウェイトやっていくから」と、一人、居残って鍛え続けた。負荷重量は日に日に上がっていった。

「ピッチングと呼べる投球をしたのは、あの試合だけだね」

 中大のウェイト場は、球場の一塁側ベンチ裏にあり、狭く、昼間でも薄暗い。登板予定の無い試合中に、「ウリャー!」という澤村の叫声がグラウンドに響き、監督に「声を出すな」と窘(たしな)められたこともある。試合があろうと無かろうと、澤村は歯を食いしばって重いバーベルを持ち挙げ続けていた。

 ようやく、高橋も認めるピッチングをしたのは、4年秋になってからだ。亜細亜大戦で延長10回を3安打16奪三振で完封、1-0の勝利をもたらした。ストレートと変化球の割合は半々で、球速も150kmをマークした。

「ピッチングと呼べる投球をしたのは、あの試合だけだね。4年春までは、完封しても無駄な四球が多くて、俺に怒鳴られ続けていたんだから。秋になって、俺の言うことも必要だとわかってきたんじゃないかな」

 そこまで言うと、高橋は「結局は……」と言葉を継いだ。

なぜ、澤村は愚直なまでにストレートに固執し続けたのか。
そして、なぜ、ヤンキースからのオファーを断り、日本球界を選んだのか――。

つづきは、雑誌「Number」776号、もしくはNumberモバイルでお読みください。
黄金世代がプロ野球を面白くする。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

読売ジャイアンツ
澤村拓一

プロ野球の前後のコラム

ページトップ