SCORE CARDBACK NUMBER

絶不調横綱がもたらした、淋しく、情けない一言。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

posted2004/10/21 00:00

 動かぬ身体に、萎えた気持ち。心身ともに崩れきった朝青龍が、久々の大負けを喫した。秋場所、5連覇と年間最多勝(83勝)に向けて、3連勝と好スタートした横綱に、一体何が起こったのか。4日目、栃乃洋を土俵際まで攻め込みながら、まさかの逆転の突き落としに裏返されて初黒星。ここから朝青龍は、本来の厳しい立合から一気に攻めきる相撲がほとんど取れなくなった。岩木山、雅山の突きに土俵の外まで吹っ飛ばされ、若の里には栃乃洋戦の再現、千代大海・魁皇の両大関には最初から相手十分の形とされて完敗。昨年春場所の横綱昇進後、実質初の1桁である9勝止まりという屈辱的結果に終わった朝青龍は、相撲の恐さ、難しさを実感したに違いない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 638文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー総力特集Do You Love Football?

相撲の前後の記事

ページトップ