SCORE CARDBACK NUMBER

中規模格闘技興行は
JCBホールを目指す。
~マット界の新たな“聖地”~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byTakasi Iga

posted2009/12/18 06:00

中規模格闘技興行はJCBホールを目指す。~マット界の新たな“聖地”~<Number Web> photograph by Takasi Iga

RISEのメインイベント、龍二vs.白須康仁。激戦を制した龍二(右)はMAX出場権を得た

 大晦日、さいたまスーパーアリーナで行なわれる興行の先行きが見えない一方、いま格闘技界では、JCBホールでの興行や試合が目標やステータスになりつつある。JCBホールは後楽園ホールと同じ東京ドームシティ内にある、昨年春にオープンした多目的ホールである。収容できる観客数は後楽園ホールの約1.5倍。都内に交通の便がいい3000人規模の会場はありそうでなかっただけに、「後楽園ホールは小さいけど、5000人や1万人規模の会場はちょっと……」と考えるプロモーターにとってはうってつけの箱なのだ。

 特筆すべきは観客とリングの近さ。3層からなるバルコニー席はどこに座ってもリングまでの距離が近い。席の傾斜も急だから、前の席の人影で視界を遮られることもない。さらに、このホールはコンサート会場としても使用可能で音の響きもいいので、試合が盛り上がった時の会場の一体感は後楽園ホールのそれを凌ぐものがある。1万人規模以上の会場だと座る席によっては巨大スクリーンに映し出された攻防だけを追いがちになるが、ここではその心配もない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 464文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

親子論。天才男子のつくりかた

Sports Graphic Number 743

親子論。
天才男子のつくりかた

 

関連記事

格闘技の前後の記事

ページトップ