SCORE CARDBACK NUMBER

W世界戦で導入された、“途中公開制”の今後。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2006/12/07 00:00

 日本武道館のダブル世界タイトル戦は、バンタム級の長谷川穂積、ミニマム級のイーグル京和と、いずれもチャンピオンがメキシコの挑戦者に判定勝ちし、ベルトを死守した。

 結果は予想通りとはいえ、内容は波乱の連続だった。イーグルは打たれ脆い挑戦者ロレンソ・トレホを3回の右一発で倒し、KO防衛を期待されながら、6回には逆に2度のダウンを奪われ、あわや王座陥落の危機に瀕した。長谷川も2度ダウンを奪いながら、1位挑戦者へナロ・ガルシアに苦しい流血戦を強いられた。前戦でタイのウィラポンを一撃で沈めた右カウンターも、この夜はタフなガルシアを10秒間眠らせるだけの威力を発揮できず。両王者とも前戦がよすぎただけに、今回は不本意だったかもしれない。イーグルは消耗の激しかったマヨールとの死闘の影響も懸念される。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 552文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

超浦和主義。 J.League Final 2006

Sports Graphic Number 667

超浦和主義。 J.League Final 2006

 

ボクシングの前後の記事

ページトップ