SCORE CARDBACK NUMBER

全英初Vをもぎとった、T.ハミルトンの泥臭さ。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2004/08/12 00:00

全英初Vをもぎとった、T.ハミルトンの泥臭さ。<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 アーニー・エルス(南ア)に6万2000ポンドを賭けた人物は、さぞかし悔しがったに違いない。7月の全英オープン開幕前日、ブックメーカー(賭け屋)のオッズで、エルスは7倍で1番人気となった。エルスに賭けられた6万2000ポンドはゴルフの賭けでは史上最高額。エルスが勝てば、43万4000ポンド。ざっと8680万円あまりになる、はずだった。

 そのエルスを抑えて優勝したのは、トッド・ハミルトン(米)。米ツアーに何度も挑戦して失敗し、'90年から日本ツアーを主戦場として通算11勝を挙げた苦労人。昨年、8度目の挑戦で念願の米ツアーテストに合格した。賭け率では750倍という大穴がついていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

トッド・ハミルトン

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ