SCORE CARDBACK NUMBER

華やかなWBCの陰で浅尾拓也は牙を磨ぐ。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2009/04/03 07:00

 WBCで盛り上がる日本球界の喧騒をよそに、わが道を往く中日ドラゴンズ。読売グループと親会社である中日新聞社の軋轢など色々な噂が立ったが、3年ぶりのペナント奪回を虎視眈々と狙っている。

 かつて、中日ドラゴンズで監督を務めていたWBC日本代表コーチの山田久志をして「代表選考に加えたかった」と言わしめたのが、その中日の浅尾拓也と高橋聡文である。特に、浅尾はワンポイントもロングリリーフもこなせるため、WBC代表に選ばれていれば、貴重な存在になっていたはずである。

 '08年は44試合に登板して防御率1.79。打者199人と対戦し被本塁打0本は立派。森繁和中日バッテリーチーフコーチは「肩がすぐにできるタイプだから、ウォームアップの球数が極端に少ない。チームにとってはありがたい存在だけど、使いすぎて壊れちゃえば何にもならないんだよね。いずれ先発に転向させるかもしれないよ」と言っていたことがある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 497文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

【完全保存版】日本野球、連覇への軌跡。

関連記事

プロ野球の前後の記事

ページトップ