SCORE CARDBACK NUMBER

大相撲の生き残りを懸け、
全協会員が一丸となれ!
~再生へ向け、正解なき険しい道~ 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph byShigeru Tanaka

posted2011/03/11 06:00

大相撲の生き残りを懸け、全協会員が一丸となれ!~再生へ向け、正解なき険しい道~<Number Web> photograph by Shigeru Tanaka

放駒理事長(写真中)は「相撲の歴史に最大の汚点を残す結果だ」と春場所開催を中止した

 大相撲が今、存続の危機に瀕している。

 平成19年6月の力士暴行死事件に端を発し、平成20年8月の大麻所持問題、平成22年2月の暴行騒ぎによる横綱引退、5月の維持員席暴力団観戦問題、6月の野球賭博問題と、これでもかといわんばかりに繰り返された角界の不祥事。放駒新理事長の下、ようやく自力再生の道を歩み始めたかに見えた相撲界に2月2日激震が走った。

 前日には力士会と協会執行部が意見交換会を実施し、本格再生に歩み始めた矢先の時限爆弾爆発。あろうことか幕内や十両力士や現役親方ら13人が、大がかりな八百長相撲を行なっていたと見られる携帯メールの記録が明らかになった。以前の不祥事とは異なる土俵上での相撲の本質に関わる大問題だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

相撲の前後のコラム

ページトップ