SCORE CARDBACK NUMBER

シニア初優勝を目指し、尾崎直道の挑戦は続く。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

posted2008/02/28 00:00

 昨年の暮のことだ。立木義浩さんの写真展に、ひょっこりと尾崎直道が友人と一緒に顔を見せた。彼は今、米国のシニアツアーであるチャンピオンズツアーを主戦場にしている。

 日本ツアーで活躍していた20代は「食事をしているときでも、寝ているときでもゴルフのことしか頭にない、というニクラスの言葉が好きで、僕も同じようだった」と、がむしゃらさが目立った。ときには、一途でむきになる性格が空回りしたこともあった。

 37歳で過酷な米ツアーに参戦し、9年間戦って、'02年に日本ツアーに復帰している。'05年につるやオープン、中日クラウンズと2週連続優勝し、その直後にチャンピオンズツアーの予選会(Qスクール)に挑戦して3位で合格し、'06年5月、満50歳を待って参戦した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

尾崎直道

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ