SCORE CARDBACK NUMBER

マスターズ最終日に新人王が見せた涙。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

posted2008/05/01 00:00

 2008年マスターズ。3位タイと大健闘したブラント・スネデカーは、あふれる涙を隠すことなくテレビの共同インタビューを受けていた。バンダービルト大学を卒業後、'04年にプロ転向する直前、アマチュアとしてマスターズ出場経験がある。下部ツアーから這い上がって昨年の米ツアー新人王に輝いたルーキー。彼にも優勝のチャンスがあった。

 最終日、首位のトレバー・イメルマンが1番ホールでボギー。スネデカーは2番ホールでイーグルとして、ともに10アンダーで首位に並んだ。

 だが、ゲームが進むにつれてスネデカーはスコアを崩した。自分のテンポを忘れ、一呼吸置く余裕がなくなり、攻めるゴルフを繰り返した。象徴的だったのは13番ホール、パー5だ。果敢に2オンを狙ったボールはグリーン手前のクリークの中に落ちた。逆に、12番ホールでボギーとしていたイメルマンは手堅く3オンし、バーディーを奪う。スネデカーはボギー。この時点で、差は5打に開いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 503文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['07-'08 European Football]越境フットボーラーズ
ブラント・スネデカー
トレバー・イメルマン

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ