SCORE CARDBACK NUMBER

“計量失敗”が映す、各国ボクシング事情。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2006/10/26 00:00

 ウェイト・オーバーで失格とはひでぇな。ボクサーとして恥ずかしいよ」(原田政彦・日本プロボクシング協会会長)

 往年の名王者ファイティング原田をこう嘆かせたのは、10月9日WBC世界L・フライ級暫定戦の前日計量でリミット48.97kgを1.2kgもオーバーして失格となり、王座を剥奪されたワンディ・シンワンチャーだ。これで挑戦者嘉陽宗嗣が勝てば新王者となるはずが、沖縄のホープの奮闘及ばず、3―0判定負け。7回には左のダブルを受けて倒され、アゴを痛めるなど惨々だったのだ。前日の計量時には発熱して半病人状態だったワンディが、一晩で元気回復とは恐れ入る。これも原田さんの時代のように計量が試合当日朝ではなく、事故防止のため前日に改められていたおかげか。タイ選手は体重調節が一概に大雑把で、著名王者でも最初の計量でオーバーすることが珍しくない。1度失敗しても2時間以内に落とせばOKだから、その間に発汗して落とすのだ。それでもたまにはワンディのような失敗もある。日本で行われた世界戦でリングに上がる前に王座を失った第一号は、同じくタイのチャチャイ・チオノイだった(1974年の対花形進戦)。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 435文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー 黄金の行方。Still Believe in Football

ボクシングの前後の記事

ページトップ