SCORE CARDBACK NUMBER

26歳の若虎が駆け上がる、
三塁打王への道のり。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2007/09/06 00:00

26歳の若虎が駆け上がる、三塁打王への道のり。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 「自分の特徴はアグレッシブであること。いいも悪いも成績に反映されるのは当然だよ」と、フルシーズン2年目のカーティス・グランダーソンは語る。リーグ2連覇、'84年以来のワールドシリーズ優勝を目指すタイガースの1番打者である。野太い声は迫力があるが、口調も表情も穏やかで、知的な印象を受ける。

 インディアンスとのデッドヒートが続き、ツインズがジワジワと差を詰め、三つ巴になる可能性も秘めるレース展開の中で、目を見張るのはこのグランダーソンの成長だ。打撃3部門全てで昨年の成績を上回るペース。何より驚かされるのは、メジャートップの19本もの三塁打を記録していることだ(8月21日現在)。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 635文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2010年 代表の旅。A Football Odyssey

Sports Graphic Number 686

2010年 代表の旅。
A Football Odyssey

 

関連記事

カーティス・グランダーソン
デトロイト・タイガース

MLBの前後の記事

ページトップ