SCORE CARDBACK NUMBER

ユートピアの移籍と「ゴドルフィン」の意図。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2006/05/25 00:00

ユートピアの移籍と「ゴドルフィン」の意図。<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

 「歴史ははじめからそうなっているのだから」と言わんばかりの勝ち方をしてみせたのが、天皇賞(4月30日、京都、芝3200m、GI)のディープインパクトだった。

 急な下り坂が罠のようにしつらえてあるのが淀の3コーナー。あそこからスパートしたらゴール前で必ずバッタリ止まってしまうから、と先人たちが口を酸っぱくして言い伝えてきたわけだが、不世出のスーパーホースにその常識は通用しなかった。たしかに、直線の中ほどではリンカーンが勇躍差を詰めてきたようにも見えたが、その直後には逆に突き放して差を広げた。16ハロンの長丁場で、上がりの3ハロンが33秒5というのだから、止まるどころの騒ぎではない。終わってみれば、3馬身半差2着のリンカーンもレコードタイムを更新していた。横山典弘騎手が両手をオーバーに広げながら「生まれてきた時代が悪かったとしか、慰める言葉がない」と嘆いたセリフが、全てを言い表している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 526文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯32カ国ストライカー列伝 攻撃者。 Master of The Goals

競馬の前後の記事

ページトップ