SCORE CARDBACK NUMBER

世界最高峰での経験。中国で福原はタフになる。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2005/07/07 00:00

 中国スーパーリーグ(超級)の遼寧省チームに入団した卓球の福原愛(グランプリ)が頑張っている。中国のプロ卓球は超級、甲A、甲B、乙A、乙Bの5部に分かれ、最高峰の超級には男女各12チームが所属している。各チームは5人(試合に出るのは4人)で構成され、6月5日の開幕から12月までに総当たり2回の計22試合を行う。試合はシングルス2、ダブルス1、シングルス2試合の順に行われ、3勝した方が勝ちとなるが、福原は5日の開幕戦で世界選手権シングルス3連覇の王楠と組んでダブルスに出場。3―1とデビュー戦を飾った。その後も同じペアでダブルスに出場し、第4戦を終えた時点で2勝2敗と、まずまずのスタートを切った。強豪の遼寧省チームは簡単に3試合を連取してしまうことが多く、第5試合に予定されている福原のシングルスはなかなか実現しないが、とりあえずここまでの成績は十分に合格と言っていいだろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

福原愛
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ