SCORE CARDBACK NUMBER

日韓W杯の誤審疑惑を
FIFAが公式認定? 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2004/12/02 00:00

日韓W杯の誤審疑惑をFIFAが公式認定?<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya

 あるDVDが韓国サッカー界を騒がせている。タイトルは“FIFA FEVER”。FIFAの設立100周年を記念して企画された商品である。基本的には歴代名選手や好勝負、強豪チームや大番狂わせなどが収録された記録集で、ことさら指向性やオピニオン色が強い作品ではない。

 だが、その中の“controversy(論争)”と銘打たれた箇所が問題となった。ここにはマラドーナの「神の手」を皮切りに、W杯史上に残る誤審が10件挙げられているが、日韓W杯における韓国戦の事例が4件も含まれている。ちなみに内訳は、イタリア戦の誤審が2件(オフサイド判定によるトンマージのゴール取り消しと、シミュレーション判定によるトッティの退場)、スペイン戦におけるモリエンテスのゴール取り消し2件(ファウルの判定によるものとセンタリングがゴールラインを割っていたとされるもの)となっている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

日韓W杯

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ