SCORE CARDBACK NUMBER

三度目の正直ならず、惜しくも散った仲里繁。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph bySumio Yamada

posted2005/05/26 00:00

三度目の正直ならず、惜しくも散った仲里繁。<Number Web> photograph by Sumio Yamada

 日本人ボクサーがフランスで初めて世界戦のリングに立つという歴史的な試合を取材してきた。仲里繁が王者マヤル・モンシプールに挑んだ4月29日マルセイユのWBA世界S・バンタム級タイトルマッチ。こちらもフランスの試合は初体験だが、おかげで長い間抱いてきた自らの「偏見」にも気づかされた。

 フランスといえば「蘭の男」ジョルジュ・カルパンティエの昔から華麗なボクサー型が主流だという先入観もある。しかしこの日「パレ・デ・スポール・ド・マルセイユ」で見たものは予想とは対極にある力勝負の素朴なボクシングだった。前座からメインまで、女子の世界戦も含め熱闘の連続。そして満員の会場がもっとも沸いたのがメインカードである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 611文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州クライマックス]勝者の条件。

ボクシングの前後の記事

ページトップ