SCORE CARDBACK NUMBER

'08年、各チームを苛むかつてないスリル。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2008/04/17 00:00

'08年、各チームを苛むかつてないスリル。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 今年のF1マシンは、サーキットで“ダンス”を踊っているかのようだ。左足でブレーキペダルを踏み付け、シフトダウンするときには後輪タイヤがロックしかかって、不安定な挙動を示す。コーナーを抜け、右足でアクセルペダルを踏み込んでいくときにも後輪タイヤがホイールスピンしかかって、滑りやすくなる。とにかくリアがふらふらと落ち着かないのだ。

 それでもスピードレベルそのものは昨年と同じかやや速い。つまりドライバーたちは、減速、加速を繰り返すたびに神経を尖らせて挙動の変化に反応し、適切な修正操作を瞬時に行わねば、スピンするかタイムロスするか、いずれにしろ敗れていく。難しいというかとてもデリケートになったドライビング。レースにおける人間の比重が一段と高まった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 591文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[PACIFIC LEAGUE SENSATION]熱パを揺らせ!

F1の前後の記事

ページトップ