SCORE CARDBACK NUMBER

スペインGPに見た感動的なリタイア。 アロンソ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2008/05/15 00:00

 朝には弱いはずのスペイン人ファンが午前中からモンメローの丘を埋め尽くしていた。13万2600人を集めた第4戦スペインGP、今年二つあるうちの最初の“アロンソ母国GP”である。

 このコースには明快な勝利の法則がある。ポールポジションを取ったもの勝ち。'01年から7年連続でそうなっているほど、オーバーテイクが難しいのである(今年もK・ライコネンがやってのけた)。

 母国戦に復活を賭けたアロンソとルノー・チームは予選から狙っていった。スタート時のガソリン量を少なくしてQ3タイムアタック、最初のピットインが他より早めになっても先手を取って戦ったのだ。フェラーリ、マクラーレン、BMWに対しアグレッシブな戦法で挑み、相手のミスを誘い出して何とか表彰台を目指す、アロンソならではの“捨て身の作戦”。これを決断できたのも、ルノーがここにあわせて総力開発したニューパッケージが機能し、フェラーリと肩を並べるまでは厳しくとも、背中が見えるところまでは戦力が整備されてきたからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 498文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

格闘大国再生計画。

Sports Graphic Number 703

格闘大国再生計画。

 

フェルナンド・アロンソ
ルノー

F1の前後の記事

ページトップ