SCORE CARDBACK NUMBER

大谷晋二郎が熱くするゼロワン対新日の夏。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2008/06/26 00:00

 プロレスのファイトにメジャーもインディーもない、が私の持論。いいものはいい、つまらないものはつまらない。

 大谷晋二郎率いるゼロワンMAXが、新日本との対抗戦で存在感を見せている。新日本の1・4東京ドーム大会に端を発した敵意むき出しのバトルは、プロ野球交流戦さながらの応援合戦もあり、刺激的で面白い。対抗戦という興行手法自体は'70年代から変わり映えしないが、どこの会場も熱いのだ。

 大谷は今年1月、ゼロワンMAXを運営する興行会社ファーストオンステージの社長に就任したばかり。バラバラな選手達を大森隆男軍、田中将斗軍に分け、両軍の抗争を激化させることによって戦力の底上げを図った。「あいつらには絶対負けるな!」とそのエネルギーの矛先を古巣の新日本に向けたのが今回の対抗戦なのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 521文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[W杯アジア予選詳報]2008年型日本代表論。
大谷晋二郎
ゼロワンMAX
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ