SCORE CARDBACK NUMBER

野球の妙を垣間見る、今大会の“捕手力”。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

posted2008/08/27 00:00

 前評判が高かった投手がこれほど期待に応えられなかった年は珍しい。鍵谷陽平(北海)、西勇輝(菰野)、小熊凌祐(近江)らは、なす術もなく初戦で敗退した。一方の勝ち上がり組にしても、田村圭(慶応)、土屋健二(横浜)、近田怜王(報徳学園)、伊波翔悟(浦添商)らの出来はかなり不満だった。

 投手の不調を尻目に、今大会は捕手の優秀さがクローズアップされた。土井翔平(智弁学園)、山城一樹(浦添商)を始め、飯田大祐(常総学院)、地引雄貴(木更津総合)、中村悠平(福井商)などだ。捕手の能力の指標とも言える二塁送球は1.8〜1.9秒台を記録し、投手のリードにも大人の匂いを感じさせた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 640文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[オリンピック緊急速報]北京沸騰。

Sports Graphic Number 2008/9/3臨時増刊

[オリンピック緊急速報]
北京沸騰。

 

関連記事

近田怜王
鍵谷陽平
山城一樹
西勇輝
地引雄貴
田村圭
土井翔平
飯田大祐
伊波翔悟
小熊凌祐
土屋健二

高校野球の前後の記事

ページトップ