SCORE CARDBACK NUMBER

激戦の花園に残されたとある選手の足跡。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2006/01/26 00:00

激戦の花園に残されたとある選手の足跡。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

 冷気に包まれたグラウンドの一角に、静かな、しかし熱い空気を発してピッチを注視する一団がいた。年末の花園。全国高校大会の2回戦。シード校の茨城・茗溪学園と対戦していたのは静岡の東海大翔洋。静かな応援団の手には手書きの応援ボードが掲げられていた。

 「SH倉津がんばれ!」「完全燃焼!」

 熱い視線を浴びていた東海大翔洋の3年生SH倉津圭太は、生まれつきの難聴者だ。中学時代は野球に打ちこんだが「激しいスポーツがしたくて」反対する両親を説得し、高1でラグビー部へ。プレー中は補聴器を外すため周りの音は聞こえないが、読唇術とブロックサインで仲間とコミュニケーションをとる努力を重ね、背番号9をつけて花園へ。1回戦では高知・土佐塾に88対0で圧勝。2回戦では高校日本代表SH田村弘毅を擁する茗溪に59対3で大敗したが、倉津の滑らかで伸びるパスと頑健なタックルは最後まで光った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ラグビーの前後のコラム

ページトップ