SCORE CARDBACK NUMBER

大学生投手の契約金、
史上最高15億円は正当か。
~MLBに驚異の新人現る?~  

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byJMPA

posted2009/09/10 06:00

大学生投手の契約金、史上最高15億円は正当か。~MLBに驚異の新人現る?~ <Number Web> photograph by JMPA

サンディエゴ州立大で才能が開花。北京五輪では2試合に登板し銅メダル獲得に貢献した

 新人として史上最高額の契約がまとまった。ドラフト全体1位で指名されていたスティーブン・ストラスバーグ投手が、ナショナルズとの入団交渉に合意。8月18日0時1分に定められた交渉期限まで残り2分16秒という、難航の末の契約だった。

 代理人はあの辣腕ボラス。今回の交渉は、同じくメジャーで実績のなかった松坂大輔をRソックスに入団させた6年5200万ドルを引き合いに出したとされるが、最終的な契約額は4年約1510万ドル(約15億円)でまとまった。高いか安いかは意見の分かれるところだろう。だがナショナルズのキャステン球団社長が「ドラフトは本当にリスキーだ。特に投手は蓋を開けてみないと分からない」と語ったように、多くの超大物が期待外れに終わった歴史があることからすれば、過去最高だったプライアー('01年カブス)の5年1050万ドルと比較するまでもなく、破格の契約になったといえる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

スティーブン・ストラスバーグ
スコット・ボラス
ワシントン・ナショナルズ

MLBの前後のコラム

ページトップ