SCORE CARDBACK NUMBER

気配り上手の女房役。
相川亮二の密かな狙い。
~好調ヤクルトを牽引する名捕手~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2009/07/23 06:00

気配り上手の女房役。相川亮二の密かな狙い。~好調ヤクルトを牽引する名捕手~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ヤクルトがFA補強するのは相川が初めて。横浜時代は、3年間選手会長を務めていたことも

 今季から活躍の場を横浜ベイスターズから東京ヤクルトに移した相川亮二。FA宣言をした横浜の捕手が、同じリーグに移籍するのは、谷繁元信に次いでふたりめである。

 横浜が相川を慰留しなかったのは、昨年のドラフトで大学ナンバーワン捕手の呼び声が高い細山田武史(早大)を獲得したため、と聞いている。しかし一人前の捕手というものはなかなか育たないものだ。「正捕手ひとり育てれば10年はお家が安泰」と言われる重要なポジションなのに、横浜が簡単に相川を放出した姿勢には、首を傾げざるを得ない。実際、相川の評価は横浜より他球団のほうが高く、特に王貞治は「投手に対して目配り、気配りの出来る女房役」と評している。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

相川亮二
館山昌平
石川雅規
由規
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ