SCORE CARDBACK NUMBER

42歳で悲願の初戴冠。
中西学の「辛抱10年」。
~IWGP新王者の素顔~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byYukio Hiraku/AFLO

posted2009/06/04 06:00

42歳で悲願の初戴冠。中西学の「辛抱10年」。~IWGP新王者の素顔~<Number Web> photograph by Yukio Hiraku/AFLO

 このコラムに3回登場、本誌'01年1月11日号の表紙も飾った“忘れられかけていた大物”が初戴冠を果たした。

 決して春の珍事ではない。なせば成る。5月6日の東京・後楽園ホールで棚橋弘至(32)を21分42秒、得意のジャーマン・スープレックスホールドで破った、中西学のことだ。生粋の新日本育ちでは史上最年長、42歳3カ月のIWGPヘビー級王者誕生となった。

 '92年のバルセロナ五輪に出場し、プロ転向表明。そのわずか1カ月半後に異例の早期デビューを飾った。その新人時代には、こんな話がある。

 世田谷区上野毛にある道場兼合宿所で、毎夜、冷蔵庫の食品が消えるという“事件”が起こった。犯人は他ならぬ186cm、110kg級の怪物クン。これを聞きつけた“和製ゴリラ”ことマサ斎藤は、「オレの2代目ができた。やっとレスラーらしい奴が入ってきたよ」と目を細めたものだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 524文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[W杯最終予選直前特集]勝利への提言。

関連記事

中西学
棚橋弘至
武藤敬司

プロレスの前後の記事

ページトップ