SCORE CARDBACK NUMBER

映画「レスラー」に重なる
現実の名選手の「末路」。
――97歳をぶち投げた元“帝王”。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNiko Tavernese for all Wrestler photos

posted2009/05/15 06:00

映画「レスラー」に重なる現実の名選手の「末路」。――97歳をぶち投げた元“帝王”。<Number Web> photograph by Niko Tavernese for all Wrestler photos

 6月上旬公開予定、ミッキー・ローク主演の映画「レスラー」の評判がいい。米国のメジャーWWEで活躍していたTAJIRIは「仲間が出ているから懐かしくって」と、笑顔で言った。

 栄光からドン底へ――。ストーリー自体はありきたりだが、ミッキー・ロークの演技が光る。プロボクサーに転向し、'92年6月23日、両国国技館で無名のダリル・ミラーに1R2分8秒でKO勝ちを収めたが、あの猫パンチで嘲笑を買い、スクリーンからも転落した彼の人生とダブって見えるのだ。ドン詰まりの状態を、身を削って見事に表現していた。さすがアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされただけのことはある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 690文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

最強の組織論。

Sports Graphic Number 728

最強の組織論。

 

関連記事

バーン・ガニア
ランディ・ザ・ラム

プロレスの前後の記事

ページトップ