SCORE CARDBACK NUMBER

マグワイア球界復帰で
全米メディアが大論争。
~ステロイド疑惑を払拭できるか~ 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/12/02 06:00

マグワイア球界復帰で全米メディアが大論争。~ステロイド疑惑を払拭できるか~<Number Web> photograph by Getty Images

583本塁打は歴代8位の記録。しかし殿堂入りの投票では'07年から3年連続落選している

 あの男が久々に表舞台に姿を見せることになった。通算583本塁打を誇るマーク・マグワイア。セントルイス・カージナルスの監督、トニー・ラルーサの留任が決定し、「ウチの打撃を改善してくれる。彼自身があらゆる武器を兼ね備えた打者だったからね」と、教え子を打撃コーチに招聘することにしたのだ。

 この就任に対しては、多くのメディアが過剰な反応を見せている。というのもマグワイアは今もMLBを騒がすステロイド疑惑の代表的人物だからだ。'98年に過去最多の年間70本塁打を放つなど、パワー全盛時代の申し子となった。ところが薬物使用をカンセコの自著で告発され、'05年に米下院の薬物使用に関する公聴会で証言を拒否したことで、選手としての評価は天から地まで失墜。その影響で殿堂入りも困難とされている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

マーク・マグワイア
セントルイス・カージナルス

MLBの前後のコラム

ページトップ