SCORE CARDBACK NUMBER

札幌ハーフの敗戦は、野口みずきを強くするか。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2005/07/21 00:00

 アテネ五輪の女子マラソン金メダリスト、野口みずき(グローバリー)が7月3日の札幌国際ハーフマラソンに出場した。五輪後にきちんと調整してレースに臨んだのは今回が初めて。アテネ銀メダリストのキャサリン・ヌデレバ(ケニア)との再対決が注目されたが、結果はヌデレバが優勝、野口は3位と明暗を分けた。

 野口は前半こそ快調に先頭を突っ走ったものの、後半スタミナ切れを起こし、タイムも1時間9分46秒と平凡だった。それでもレース後の野口は「今の私には負けることが必要だった」と強気な一面をのぞかせた。

 最大の目標だった五輪で金メダルを取り、競技を続けるモチベーションが薄れていたのは確かだ。今季の目標を「日本記録の更新」に定めたものの、なかなか練習に身が入らず、常に浮わついた状態になっていた。だが、ヌデレバのみならず日本選手の岩本靖代(豊田自動織機)にも負けた今回のレース後は、別人のように引き締まった表情を見せた。報道陣に囲まれると「負けたのは悔しいけど、まだまだ私には足りないところがあることがよく分かった。秋のマラソンに向けてあらためて闘志が湧いてきました」と目を輝かせた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

野口みずき
アテネ五輪
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ