SCORE CARDBACK NUMBER

世界陸上で不振の短距離陣の課題。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2005/09/01 00:00

 陸上の世界選手権で日本は2つの銅メダルを獲得した。400m障害の為末大と男子マラソンの尾方剛はともに戦前の不利な予想を覆してのメダルだけに喜びもひとしおだったが、逆に活躍が期待されていた男子短距離陣は思わぬ不振に終わった。第一人者の末續慎吾は100mを欠場して200mに専念したが、準決勝でB組の6位(20秒84)に終わり、決勝進出を逃した。33歳のベテラン、朝原宣治は100mで2次予選敗退。高平慎士も200mの1次予選で落選と個人種目はまったくふるわなかった。加えてメダルに最も近いと見られていたリレーも冴えなかった。400mリレーは決勝には進んだものの、バトンパスのミスもあって最下位の8位。1600mリレーに至っては失格と、さんざんだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

陸上の前後のコラム

ページトップ