SCORE CARDBACK NUMBER

伊達の復帰戦勝利を手放しで喜べない。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

posted2008/05/15 00:00

 少し残念な結果が重なった。世界グループ復帰をかけた女子テニス国別対抗戦フェド杯で、日本はフランスに完敗。同じ日に、岐阜で行われたツアー下部のカンガルーカップ予選1回戦で、昨年の高校総体ダブルスでベスト4に入った女子高生が、クルム伊達公子に敗れた。フェド杯は、現役プロ同士のガチンコ対決で、敗れたのは実力が及ばないから、というシンプルな出来事だ。

 しかし、カンガルーカップの結果は、多くのことを考えさせられた。クルム伊達は、'96年11月以来、約11年半ぶりのシングルス国際公式戦出場だった。クルム伊達は、再び公式戦に出場するに当たって「世界を目指すわけではない。そんな甘い世界ではない。世界ランクのことは考えていない」と話した。そしてコートに立つ理由を「若手に少しでも刺激を与えたい」と説明した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 554文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

格闘大国再生計画。

Sports Graphic Number 703

格闘大国再生計画。

 

クルム伊達公子

テニスの前後の記事

ページトップ