SCORE CARDBACK NUMBER

冬の移籍市場、勝ち組は
買い物上手のレンジャーズ。
~ノーラン・ライアン社長、奮闘す~ 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2009/12/24 06:00

冬の移籍市場、勝ち組は買い物上手のレンジャーズ。~ノーラン・ライアン社長、奮闘す~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

球団の売却先によっては社長退任の可能性もあるライアン。彼の去就もオフの焦点となる。

 年末の恒例行事、ウィンターミーティング。今オフのFA市場で目玉だったホリデー(カージナルス)、ラッキー(エンゼルス)、ベイ(レッドソックス)のトップ3の行き先は決まらず、会期中に最も注目を集めたのは、ヤンキース、タイガース、ダイヤモンドバックスの3球団で7選手が動いた三角トレードだった。そんな中で地味だが最も精力的に動いたのがレンジャーズだった。

 ダニエルズGMをして「ここに来る前に比べて、ずいぶん良い編成になった。結果に満足している」と言わしめるほど、着実に来季の足固めをした。これまでは打高投低の粗さが目立つチームだったが、2009年は就任2年目のN・ライアン球団社長の指揮下、投手力を軸として球宴前には地区首位に立ち、5年ぶりの勝ち越しに成功。来季の飛躍に向けて首脳陣が思い描くパズルを完成させるべく、このウィンターミーティングで見事なまでにピースを集めてみせたのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

テキサス・レンジャーズ
ノーラン・ライアン

MLBの前後のコラム

ページトップ