SCORE CARDBACK NUMBER

今、「賞金ファイト」が流行する理由。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2005/11/24 00:00

 太古の時代、ボクシングはプライズ・ファイトと呼ばれた。文字通り「賞金試合」である。

 今でこそボクサーの報酬額は勝敗に関係なく予め決められているが、プライズ・ファイトの一時期には、ウィナー・テイク・オール方式(勝った者がみなもらう)が当たり前で、はるかにギャンブル性の高い競技だったのである。

 ボクシングほど苛酷で敗者が惨めな思いを味わう競技はない。ジャック・ロンドンの小説に、貧しいファイターがすきっ腹で試合をし、負けたために一銭ももらえず、徒歩で帰途につくという、読んでいて飢餓感が募ってくる短編もあった。いつしか勝者にも敗者にも決められたファイトマネーを支払うのが主流となったが、その後も報酬とは別に勝者に賞金を提供する試合は行われてきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 589文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

折れない魂。Never Ending Story

Sports Graphic Number 641

折れない魂。
Never Ending Story

 

ボクシングの前後の記事

ページトップ