SCORE CARDBACK NUMBER

傷だらけの敗者が見せた心揺さぶるドラマ。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2005/10/27 00:00

 試合を観ていて、1ラウンド3分がこれほど長く感じることは滅多にない。WBC世界フライ級タイトル戦の初回──。

 青コーナーから勢いよく飛び出した内藤は、タイの王者ポンサクレックに果敢に打ち合いを挑んでいく。右も決まるが、逆にサウスポーのチャンピオンが迎え撃つ左ストレート、右フックが内藤の顔面を捕らえる。「危ない!」内藤が被弾するごとに、応援の女性から悲鳴が上がる。

 3年前、タイで行われた世界フライ級タイトル戦。一世一代の晴れ舞台の初回、内藤は王者ポンサクレックの強打に沈められた。この時のKOタイム「34秒」は百年の伝統を誇るフライ級世界選手権史の最短レコードとして残されている。勝者としてならともかく、敗者として名を残すことがどれほどの屈辱か。「今もトラウマになっている」と内藤は言う。この2年後、今度は勝者として日本タイトル戦の最短記録(24秒のKO勝ち)を樹立しても、それは変わらない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 498文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[ドイツW杯欧州予選]大国の興亡。

Sports Graphic Number 639

[ドイツW杯欧州予選]
大国の興亡。

 

内藤大助

ボクシングの前後の記事

ページトップ