SCORE CARDBACK NUMBER

ファン不在のなか進む接触事故の不毛な議論。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2004/11/04 00:00

 シーズンも大詰めである。ただ全日本選手権フォーミュラ・ニッポンの状況を現時点で語るのは難しい。というのも現時点でシリーズ第6戦(美祢)の結果が暫定となっており、優勝者が確定していないからなのだ。

 問題の事件はレースの最終ラップに起きた。ピットストップをせずに走りきる作戦を選んだリチャード・ライアンが首位、1回ピットに入りタイヤを交換してハイペースで追い上げたブノワ・トレルイエが2位だった。ペースは明らかにトレルイエが速く、ライアンは必死にブロックしながらフィニッシュしようとした。しかし最終ラップの第1ヘアピンでトレルイエがライアンのインに飛び込み、それを押さえ込もうとしたライアンのマシンと接触してしまった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 596文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本シリーズ完全詳報Baseball 2004 Final

モータースポーツの前後の記事

ページトップ