SCORE CARDBACK NUMBER

自在のピット作戦が跳ね馬独走を支える。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2004/07/29 00:00

自在のピット作戦が跳ね馬独走を支える。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 第11戦イギリスGPで今季10勝目、計100ポイントのM・シューマッハー。後半戦に入った7月の2連戦も予選2位、4位からの逆転勝ち。第8戦カナダGP以降ポールポジションはないが、あまりそれにこだわらず、レースで自由自在に攻めてくる。フェラーリのレースストラテジー、ピットストップ作戦が面白いように決まるのだ。“逆転の方程式”といおうか、フランスGPでは11周目、29周目、42周目、58周目と4回、イギリスGPでは15周目、37周目と2回ピットイン。ライバル・チームがセオリー通り3回作戦で動いたのに対し、フェラーリ・チームは多くしたり少なくしたり、柔軟に幅のある作戦をとって勝利をもぎとった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 649文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ATHENS2004 preview1サッカー五輪代表 終わらない夏。

F1の前後の記事

ページトップ