SCORE CARDBACK NUMBER

ヒートを優勝へ導いた
名将ライリーのひと言。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2006/07/04 00:00

 長いシリーズの中でも勝負を分ける一瞬というものがある。

 そのとき、マイアミ・ヒートのヘッドコーチ、パット・ライリーは選手たちの目を順に見つめると、手に持った作戦板にたったひと言、「シーズン」と書いた。NBAファイナル第3戦でのこと。最初の2試合に連敗していたヒートにとって負けたら王手をかけられてしまう大事な試合だった。ハーフタイムの9点リードは3Qが終わるまでに9点ビハインドに変わり、ヒートの手の中から勝ちがこぼれ落ちそうになっていた。

 そのときライリーが選手に授けたのは、作戦ではなく戦う気持ちだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

パット・ライリー
マイアミ・ヒート

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ