SCORE CARDBACK NUMBER

PPVの数字を取れる対戦カードの条件。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2009/01/29 00:00

 ボクシング界昨年の「世界のMVP」は、どのメディアもぶっちぎりでマニー・パッキアオを選んでいる。当然だろう。4階級制覇の上、12月オスカー・デラホーヤ戦のまさかの快勝である。

 この試合前までは、ウェルター級の「ティファナの竜巻」アントニオ・マルガリートがMVPと年間最高試合賞独占かと見られていた。死闘の果てに不敗王者ミゲル・コットを倒した一戦があまりに強烈だったからだが、パッキアオの快挙で逆転されてしまうとは。それでもパッキアオ対デラホーヤ戦が最高試合に選ばれなかったのは、やはりゴールデンボーイの衰えがあまりに顕著だったからか。この試合を見る限り、世界のトップ選手としてはもはや限界で、パッキアオの強拳が「引退勧告」したかたちだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 593文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ラグビー動乱の刻。

Sports Graphic Number 721

日本ラグビー
動乱の刻。

 

マニー・パッキャオ
オスカー・デラホーヤ
フロイド・メイウェザー
レノックス・ルイス

ボクシングの前後の記事

ページトップ