SCORE CARDBACK NUMBER

ハミルトンvs.マッサ、
2強対決になった理由。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2008/11/06 00:00

ハミルトンvs.マッサ、2強対決になった理由。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 やはり今年も最後までもつれた。中国GP上海決戦に完勝したL・ハミルトンが94点として、2位に入った87点のF・マッサを7点リード。11月2日の最終戦ブラジルGPが'08年のドライバーズチャンピオン決定戦となった。マッサにとってはホームGPでの“最終決戦”、数字上逆転の可能性は小さいとはいえ、ブラジルでは故A・セナ以来の王者誕生なるか、と久々に盛り上がっている。

 「こんなに低い得点のチャンピオン争いなんて」と嘆くのは、シンガポールと日本GPを連覇、ルノーで終盤に元王者の実力を示したF・アロンソだが、全く同感だ。'07年K・ライコネン110点、'06年アロンソ134点、'05年アロンソ133点、'04年M・シューマッハ148点。ハミルトンは最終戦で勝っても104点で、近年のシーズンではランク2位にも劣る獲得点数でしかない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 545文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界から見たニッポン。Discover NIPPON
ロバート・クビサ
フェリペ・マッサ
ルイス・ハミルトン
フェルナンド・アロンソ
フェラーリ
マクラーレン

F1の前後の記事

ページトップ