SCORE CARDBACK NUMBER

“カリスマ監督”の敗退。既に始まる次なる戦い。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

posted2007/03/08 00:00

 「ワセダは、いやごめんなさい、サントリーは、ブレイクダウンを少人数で出そうとするチームなので……」

 2月18日、花園の日本選手権準決勝。39対17の大差でサントリーを破ったトヨタ自動車の会見で、朽木英次監督はつい口を滑らせた。それは、トヨタがこの試合にかけた気持ちの深さを象徴していた。

 その1週間前。サントリーとの対戦が決まると、朽木監督は「去年ここでワセダに負けて、相当落ち込んで、それをモチベーションにして1年間やってきた。悔しさ、辛さ、惨めさを、すべて次にぶつけたい」と言った。そのワセダから清宮克幸監督と佐々木隆道主将ら主力3選手が加わったサントリーは、トヨタから見れば憎きワセダそのもの。そんな思いが、言い間違いを誘ったのだろう。試合を控えたサントリーのある選手は「僕らは全然関係ない。とばっちりもいいとこですよ」とボヤいていたが……。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 545文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[松坂大輔 メジャー上陸]覚醒する怪物。

ラグビーの前後の記事

ページトップ