SCORE CARDBACK NUMBER

走り続けるフェラーリと、トラブル続きの追撃陣。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2004/07/01 00:00

走り続けるフェラーリと、トラブル続きの追撃陣。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 勝ち進むフェラーリとM・シューマッハー。中盤戦に入っても彼らの強さは抜きん出ている。第8戦カナダGPで7勝目。6位スタートからきっちりと逆転のシナリオを演じてみせた。ポールポジションからの独走よりも、こういうレースの方が当然難しく、ひとつのミスも許されない。ドライバーもピットクルーも、作戦を組むエンジニアたちも、質の高い戦いぶりを見せつける形となった。

 ウイリアムズ・チームには失格事件が勃発。2位R・シューマッハーと5位J-P・モントーヤの入賞は取り消しとなった。ブレーキがきついカナダGPで、ブレーキ冷却ダクトの寸法規定違反がレース後に発覚。名門チームが犯した技術的なミステイクである。ちょっと情けない。トヨタ・チームも同じ違反で計4台が失格。レースの終了後、パドック内は翌週アメリカGPへの移動準備で大忙しだったが、後味の悪さが残った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 552文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

PRIDE 2nd Round 「最強」に至る道。PRIDE 2nd Round
ミハエル・シューマッハー
フェラーリ

F1の前後の記事

ページトップ