SCORE CARDBACK NUMBER

苫小牧からアメリカへ、
鷲谷修也という男の挑戦。
~MLBにドラフト入団した21歳~ 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byShinichi Tsugawa

posted2010/02/09 06:00

苫小牧からアメリカへ、鷲谷修也という男の挑戦。~MLBにドラフト入団した21歳~<Number Web> photograph by Shinichi Tsugawa

米国の短大野球界で名門と言われるデザート短大では、俊足巧打の右翼手として活躍した

 スポーツ刈りで細身。プロ野球選手たちが合同自主トレを行なっている沖縄・浦添市民球場に、まるで高校球児のような風貌をした選手の姿があった。鷲谷修也(わしや・なおや)外野手、21歳。昨年6月にワシントン・ナショナルズから14巡目(全体412番目)で指名されて入団した。MLBの球団にドラフト指名された史上2人目の日本人となった。

 駒大苫小牧の出身で、'05年夏の甲子園優勝、'06年準優勝のメンバー。田中将大(楽天)と同僚だった。大学受験に失敗し「野球ではメシを食っていけない。ちゃんと勉強しよう」と米国留学を決意。金融関係を学ぶためカリフォルニア州の短大に入学した。「とてもくだらない動機なんですけど、ある女性の方から『商社マンってカッコいい。商社マンになったら合コンしようね』って言われたんです。これはもう目指すしかないなと」と冗談めかして、当時を振り返る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 559文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

バンクーバー五輪特集あなたの知らないフィギュアの世界。

関連記事

ワシントン・ナショナルズ

MLBの前後の記事

ページトップ