SCORE CARDBACK NUMBER

焦りは禁物、注目ルーキー辻内崇伸の育て方。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2006/02/23 00:00

 巨人が甲子園を沸かせた高卒ルーキーを獲得したのは、'85年の桑田真澄(PL学園)以来のことではなかったか。即戦力ばかりに目が行き、時間をかけて育てることを忘れていた名門チームが久しぶりに獲得した甲子園のスター。昨年から行われた高校生と大学生・社会人の分離ドラフトの産物とも言えるが、巨人は辻内崇伸(大阪桐蔭)を、どのように育てようとしているのだろうか。

 2月5日、その辻内が初めて宮崎キャンプの二軍ブルペンに入った。清武英利代表、長嶋一茂代表補佐というフロントから、原辰徳監督、尾花高夫投手総合コーチといった現場の長までが見守るなかで、50球の初登板。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 607文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[UEFA CHAMPIONS LEAGUE]生存の条件。

Sports Graphic Number 647

[UEFA CHAMPIONS LEAGUE]
生存の条件。

 

辻内崇伸
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ