SCORE CARDBACK NUMBER

若き主将が士気を高める
眞鍋ジャパンに注目せよ。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byMichi Ishijima

posted2009/08/20 06:00

若き主将が士気を高める眞鍋ジャパンに注目せよ。<Number Web> photograph by Michi Ishijima

早くから実力が高く評価され、中学時代には五輪有望選手に選出された荒木絵里香(中央)

 眞鍋政義新監督率いる全日本女子が、現在ワールドグランプリを戦っている。今年新主将を任されたのが荒木絵里香だ。華奢な選手が多い日本では稀な、高さとパワーを備えるミドルブロッカー。'06年から全日本に定着し急成長。北京五輪ではベストブロッカーに輝いた。

 アテネ五輪で主将を務めた吉原知子や北京五輪主将の竹下佳江は、ベテランとして豊富な経験を礎にチームを引っ張った。荒木は主力とはいえまだ25歳。栗原恵ら同世代の選手を巻き込みながら、「チーム内の風通しをよくする」をテーマにチームをまとめようとしている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 674文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['09-'10 欧州サッカー開幕特集]欧州最強の経営戦略。

関連記事

吉原知子
竹下佳江
栗原恵
荒木絵里香
東レ

バレーボールの前後の記事

ページトップ