SCORE CARDBACK NUMBER

F1界を大きく揺るがす
バジェットキャップ問題。
~FIA会長モズレーの逆襲~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/06/18 06:00

F1界を大きく揺るがすバジェットキャップ問題。~FIA会長モズレーの逆襲~<Number Web> photograph by Getty Images

強硬姿勢を取りながらも、’11年に延期する譲歩案も出したマックス・モズレーFIA会長

 7戦6勝とJ・バトンの独走が続いているが、コース裏のパドックではスポーツとまったくかけ離れた次元の“政争”が5月から繰り広げられている。F1世界選手権を公認するFIAと、現在参加しているチーム側のFOTAとの「'10年エントリー問題」である。トルコGP決勝の朝にも、ウイリアムズとフォース・インディアを除く8チームの首脳と契約ドライバー16人が集まり、6月12日に控えたFIAの来季エントリー受理正式発表に備えて、現状説明と全員の統一意志確認が行なわれた。

 FIAとFOTA、両者がなぜここまで対立し、関係がこじれたかを細かく説明することは、この紙幅では到底できないが、論点を絞ると大きくは次の3つが原因だと解釈している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 602文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

WBC後の物語。9 Stories about SAMURAI

Sports Graphic Number 731

WBC後の物語。
9 Stories about SAMURAI

 

関連記事

マックス・モズレー

F1の前後の記事

ページトップ