SCORE CARDBACK NUMBER

病床のあの男にもエール、高山善廣復帰の興奮。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2006/08/03 00:00

病床のあの男にもエール、高山善廣復帰の興奮。<Number Web> photograph by Essei Hara

 「生きてるよ!」

 試合後、頭を氷で冷やしたノーフィアー・高山善廣(39)の第一声だ。707日ぶりの復帰戦はノアの7・16日本武道館大会。高山は、倒れた時の大阪大会での対戦相手だった佐々木健介(今回、左眼窩底骨折を隠して出場)と組み、GHCヘビー級王者・秋山準、三沢光晴組と激突した。脳梗塞を乗り越え、リング復帰を果たしたプロレスラーはこれまでに前例がない。そこにはこの日に賭けた彼の想いと、タッグを組むはずであった小橋建太(39・右腎臓腫瘍の摘出手術に成功、退院間近)へのエールが重なっていた。また、何よりも高山にはリングに戻れた喜びがあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 609文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

されど格闘は続く。GET OVER THE CRISIS

Sports Graphic Number 658

されど格闘は続く。
GET OVER THE CRISIS

 

小橋建太
高山善廣
プロレスリング・ノア

プロレスの前後の記事

ページトップ