SCORE CARDBACK NUMBER

天山広吉「G1」優勝!でもその時会場は……。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2006/08/31 00:00

天山広吉「G1」優勝!でもその時会場は……。<Number Web> photograph by Essei Hara

 '06年の夏を制したのは、天山広吉(35)だった。リーグ戦の試合形式で初の完全優勝となった。

 8・13東京・両国国技館のG1クライマックス最終戦で天山が全日本の小島聡(35)をオリジナルの必殺技TTDで沈め2年ぶり3度目のVを達成。猛暑に強い「レッド・ブル」を見せつけてくれた。

 しかし、終わりよければすべてよし、という訳にはいかないのがサイモン・ケリー猪木社長体制下の新日本なのだ。最終戦当日の観客動員は主催者発表で満員の1万1000人。が、どう贔屓目に見ても九分の入り。両国・初日の12日は7800人の発表。とはいっても六分の入り。両国3連戦、5連戦を超満員で飾った“闘魂3銃士”揃い踏みの時代と比べたらあまりにも寂しい会場風景だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 595文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オシムの全貌。The Osim Impact

Sports Graphic Number 660

オシムの全貌。
The Osim Impact

 

新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ