SCORE CARDBACK NUMBER

G1初制覇、真壁刀義は
ブレない暴走で大人気。
~新日本プロレスの“草魂”王者~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2009/09/07 06:00

G1初制覇、真壁刀義はブレない暴走で大人気。~新日本プロレスの“草魂”王者~<Number Web> photograph by Essei Hara

リーグ戦全勝の中邑を破り、悲願の頂点に。帝京大プロレス同好会出身、同期は藤田和之

「こん畜生、負けてたまるか!」

 流血のフルスイングだった。デビュー13年目で初めて夏を制した“暴走コング”真壁刀義、36歳。見事な逆転優勝には、こんな言葉しか見当たらない。「伸也(真壁の本名)君、辞めないで、本当によかったね」。素直に、おめでとう、と言いたい。

 今年で19回目を迎えた新日本の看板イベント、G1クライマックス。恥ずかしながら筆者がVレースを的中させたのは、中西学が武藤敬司をアルゼンチン・バックブリーカーでねじ伏せ、初優勝を飾った'99年の第9回大会だけしかない。今回の真壁も、世界陸上の男子やり投げで銅メダルを獲得した村上幸史のように、まったくノーマークだった。“暴走コング”に「ふざけんじゃねえーよ。オレは金メダルだ」と襲われそうである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 587文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

勝利を掴む13の方法論あの人のノートが見たい。

関連記事

真壁刀義
中邑真輔
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ