SCORE CARDBACK NUMBER

田上新体制で漕ぎ出したノア、
前途多難の大海。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2009/08/03 06:00

田上新体制で漕ぎ出したノア、前途多難の大海。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

小橋、丸藤らとともに「天国の三沢社長に叱られないよう選手一同、頑張ります」と誓った田上新社長(右から2人目)

 三沢光晴社長の事故死から1カ月。プロレスリング・ノアが田上新体制で「前途多難の大海」に漕ぎ出した。

 業界関係者の予測を上回るスピード人事だった。

 ノアは7月6日、都内の事務所で臨時株主総会、取締役会を行ない、新社長に田上明(48)、副社長には小橋建太(42)、丸藤正道(29)が就任。百田光雄副社長、永源遙、小川良成、仲田龍取締役が辞任し、相談役に退いた。また、選手会長の森嶋猛(30)が取締役ポストに就き、「選手を大事にする」団体らしい布陣となった。

 丸藤の「副社長」大抜擢は、株の大半を持つ三沢夫人、真由美さんの「丸藤選手を後継者として育ててほしい」という強い意向が反映されたものだ。右ヒザ前十字靭帯断裂で欠場している丸藤は、全日本時代から三沢の付き人を務め、ノアでは90kgの軽量ながらGHCヘビー級など5つのタイトルを総なめにした、非常に集客力の高い選手である。12月に復帰のメドが立ち、「やることがいっぱいあるので、これから頑張らないと!」と、表情は思ったより明るい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 440文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[高校野球 名勝負列伝]甲子園が揺れた夏。

関連記事

丸藤正道
小橋建太
田上明
プロレスリング・ノア

プロレスの前後の記事

ページトップ