NumberEYESBACK NUMBER

日米ワールドシリーズに
高まる期待と多くの課題。
~WBC並みのビッグゲームとなるか~ 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byPool

posted2010/01/30 08:00

日米ワールドシリーズに高まる期待と多くの課題。~WBC並みのビッグゲームとなるか~<Number Web> photograph by Pool

WBC連覇に成功したイチローを祝福するセリグ・コミッショナー

 野球ファンにとって、お年玉的ビッグニュースが海を越えて飛び込んできたのは、年が明けたばかりの7日のことだった。

 日本プロ野球組織(NPB)の加藤良三コミッショナーが、メジャーリーグ機構のバド・セリグ・コミッショナーとアメリカで会談した際、日米のチャンピオンチームによる『グローバル・ワールドシリーズ』開催が提案されたことを明かした。それもセリグ・コミッショナーの任期が切れる2012年までに実現したいというのだ。

「アメリカに追いつき、追い越せ」で発展してきたNPBにもちろん異論はあるはずもなく、加藤コミッショナーは現実問題として検討し、話し合いを続けていくことを表明した。WBCに続いて、今度は単独チーム同士による真のワールドチャンピオンチームを決める。想像するだけでもエキサイティングな気分になる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1019文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大学ラグビー新時代。伝統校と新興校の未来

MLBの前後の記事

ページトップ